慣れない地域でのレンタカー利用は有料補償を付けるべきです

レンタカーを利用する機会が多いのは、主に自分の居住地でない場所になりがちですが、運転事情がよく解らない地域で車を運転する際、意外と不可抗力で接触事故などに巻き込まれることも多いのが現状です。
私の場合、沖縄でレンタカーを利用したのですが、北海道の運転に慣れている身には、道路の狭さや車間の狭さなどでとても違和感を感じ、細心の注意は払って運転していたのですが、ちょっとした隙に軽い接触事故を起こしてしまいました。


勿論レンタカーを借りる際、自動付帯の対物補償などはありましたので、相手とのトラブルにはなりませんでしたが、問題はレンタカー会社の側の任意の有料補償の保険料(1日500円)をケチってしまい、そのチャージとして20000円を支払う羽目になってしまいました。

レンタカー 激安ならお任せください。

自分自身の責任ではないような事故で、しかもほんのちょっとのへこみ程度の車両傷でしたので、何だかこの支払いは事故のショック以上に個人的には重いものとなってしまいました。

こうした例は、特に普段過疎地を運転されている方が人口密集地で運転する際など、レンタカーを借りる環境によってよく起こりうる話だといえます。

今、評判なのはこちらのレンタカー 大阪に関してとにかく簡単に調べられます。

レンタカー会社の側の有償保険の費用はとても安いものですので、幾ら運転に自信がある方でも、土地を知らないリスクというものに注意して、払っておく方が賢明だといえます。

レンタカー 格安の動向調査を行っていた際に見つけた信頼できる情報を公開します。

尚、レンタカー会社によっては、こうした補償制度が怪しげな所もありますので、旅慣れた土地での利用ならともかく、あまり事情を知らない土地でレンタカーを利用する際は、あまりレンタル料金の安さだけを重視せずに、もしもの時の補償内容などをよく吟味した上で、信頼がおけないような会社を利用することは極力避けた方が賢明です。


但し、補償内容が同程度であるレンタカー会社を比較する際は、その有料補償のバリエーションなどを吟味した上で、その土地における知らないリスクや自身の運転技術などを総合的に判断して、お財布状況に応じて選択すると良いでしょう。